糖尿病予防セミナー2019

世界糖尿病デーにちなんで 11月24日に草津市とともに糖尿病予防セミナーを開催いたしました。

二型糖尿病は昔は贅沢病と呼ばれていましたが、近年は生活習慣病となってます。

これは適度な運動と食生活の見直しで予防ができます。ただ、症状についてはひどくなるか合併症がでるまでわからないという怖い病気でもあります。

滋賀医科大学 准教授 荒木様にお話しをお願いしました。

まずは健康診断をうけ、糖尿病にかかっているか、いないかの診断が必要で、糖尿病と診断されたら医師に従い治療を続けることが必要です。自己判断でやめたりするのは危険な病気です。

当日は 血管年齢をはかったり、栄養相談ができるブースを用意しました。

血管年齢ではメンバーも真剣で、一喜一憂しておりました。

適度な運動とクリーンな食事を心がけようと思いました。

2019年11月25日