びわスポキッズプログラム


今年度は5回のびわスポキッズプログラム 幼稚園巡回をしていただきました。

びわこ成形スポーツ大学の協力の下、子どもたちの元気な声が聞こえます。

 

 

まずはコーチの自己紹介

一緒に遊ぶと子どもたちはワクワクです

 

 

 

ビブスを腰に巻きコーチが園庭を走ります。子どもたちはビブスを取るため一緒に走ります。その運動量はすごい!コーチもびっくりです。

 

 

 

 その後はボールを使って遊びます。ボールを足に挟んで歩いてみたり、ボールをキャッチしてみたり…

子どもたちは楽しく遊んでますが、実はスポーツに大切な動きです。

走って急に止まって ターンする。ボールをキャッチする…実はこの年代の子どもたちには難しいこと。それを遊びの中から学びます。

幼児期は スポンジエイジといわれるそうで、吸収するスピードがとっても速いとのことです。いっぱい遊んでいっぱい動いて いっぱい吸収してください!

 

2019年02月13日